桐島聡の勤務地が特定!藤沢市の工務店での隠れた生活の全貌は一体?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

1970年代に連続企業爆破事件で指名手配され、50年近く逃亡生活を送っていた桐島聡がとても最近話題ですね!

彼が偽名で働いていた神奈川県藤沢市の工務店と、その近くでのひっそりとした生活が明らかになりました。

この記事では、桐島聡の隠れていた勤務地と生活の様子を詳しく掘り下げていきます。

スポンサーリンク

桐島聡が働いていた工務店の特定

桐島聡が「ウチダヒロシ」という偽名で数十年間勤めていた工務店は、神奈川県藤沢市にある土木工事会社であることが判明しました。

会社に対する迷惑防止のため、工務店の住所は非公開です。

この工務店は、湘南鎌倉総合病院にも近い閑静な住宅街に位置しています。

桐島聡は給料を現金手渡しで受け取り、医療費なども自費で支払っていたようです。

工務店での勤務状況

桐島聡は、工務店での勤務中に保険証や銀行口座を持たず、すべて現金で取引を行っていました。

これにより、彼の存在が長年にわたって表面化することはありませんでした。

医療費の自己負担

末期がんと診断された桐島聡は、医療費を含む生活費全般を自費で賄っていたことが分かっています。

これは、彼が社会との接点を極力持たないようにしていた証拠です。

スポンサーリンク

桐島聡の職場近くの自宅も特定

桐島聡が住んでいたとされる自宅は、工務店に近い古びた木造2階建て住宅の1階でした。

彼はここで一人で暮らしており、生活の様子は非常に質素だったと伝えられています。

自宅の生活環境

6畳ほどの部屋で寝泊まりしていた桐島聡は、非常に質素な生活を送っていました。

部屋は乱雑な状態で、彼の生活がどのようなものだったのかを物語っています。

健康状態と社会との接触

体調が悪化し、路上にうずくまっていたところを助けられた桐島聡。

彼が社会とどのように接していたのか、その一端を垣間見ることができます。

桐島聡が選んだ隠遁生活の全貌

桐島聡が選んだ隠遁生活は、彼の過去と現在をつなぐ重要なピースです。

50年近くにわたる逃亡生活の中で、彼は社会の目を避けながらも、一定の生活基盤を築いていました。

偽名の使用と職場での生活

桐島聡は「ウチダヒロシ」という偽名を使い、神奈川県藤沢市の土木工事会社で長年にわたり働いていました。

この偽名を利用することで、彼は自身の過去を隠しながら社会の一員として機能することができました。

工務店での勤務は、彼にとって経済的な自立を保つ手段であり、同時に身元を隠すためのカモフラージュでもありました。

質素な生活と社会との距離

桐島聡が選んだ生活は極めて質素で、最小限の物資で生活していたことが推測されます。

彼の住まいは、工務店に近い古びた木造2階建て住宅の1階で、6畳ほどのスペースで生活していたと報じられています。

このような生活は、彼が社会との接触を最小限に抑え、目立たないようにするための意識的な選択だった可能性が高いです。

経済的な自立と隠遁

桐島聡は、保険証や銀行口座を持たず、給料は現金手渡しで受け取っていました。

これは、公的な記録に名前が残ることを避けるための工夫でしょう。

また、医療費も自費で支払っていたとのことで、彼は経済的な自立を保ちながらも、社会的なシステムからは距離を置いて生活していたことが伺えます。

社会との限定的な接触

桐島聡の生活は、社会との接触を極力避けることに重点を置いていたと考えられます。

しかし、彼は完全に隔絶された生活を送っていたわけではなく、必要最低限の社会参加はしていたようです。

例えば、工務店での勤務は、彼にとって社会との唯一の接点だった可能性があります。

隠遁生活の心理的側面

桐島聡の隠遁生活は、彼の心理的な側面をも反映していると考えられます。

長年にわたる逃亡生活は、彼にとって常に警戒心を持ち続けることを意味していたでしょう。

このような状況は、彼が選んだ生活様式に深く影響を与え、社会からの隔絶を選択する原因となった可能性があります。

桐島聡が選んだ隠遁生活は、彼の過去の行動と現在の生活環境の間にある複雑な関係を示しています。

彼の生活は、逃亡者としての身を守るための戦略的な選択であり、同時に彼の内面世界を反映したものであると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました