鳥山明の死因は一体?どんな人物で年収はいくらくらいだった?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

あの『ドラゴンボール』と『Dr.スランプ』で知られる天才漫画家、鳥山明さんがこの世を去りました。

彼の死因、家族、自宅、そしてすごい年収について、ここで少し軽めに振り返ります。

彼の作品に笑顔や勇気をもらったファンのみんな、一緒に彼の足跡をたどってみましょう。

  • 鳥山明の死因は一体?どんな漫画家?プロフィールを紹介!
  • 鳥山明の年収はいくらくらい?
スポンサーリンク

鳥山明の死因は一体?

「まじで!?鳥山さんって、あの『ドラゴンボール』の鳥山さん?死因が急性硬膜下血腫だったなんて、聞いてビックリしたよ。

鳥山さんの突然の訃報には、多くのファンが驚きました。

死因は「急性硬膜下血腫」と発表されています。

これは、血腫によって脳内の圧力が異常に高まり、頭痛や嘔吐、意識障害などを引き起こす病気です。

なかなか厳しい状況のようで、最終的にはこの世を去ることになってしまいました。

なぜ急性硬膜下血腫に?

具体的な発症の経緯は公開されていませんが、この病気はしばしば頭部の打撃や怪我によって起こることがあります。

漫画家として、長時間の作業が必要な職業の中で、どのような状況が彼を襲ったのか、心配の声が多く上がっています。

ファンからの追悼の声

鳥山さんの訃報に、世界中から多くの追悼のメッセージが寄せられました。

彼の作品が、多くの人々に夢や希望、楽しい時間を提供してきたことが、この悲報をより一層悲しいものにしています。

スポンサーリンク

鳥山明はどんな漫画家?プロフィールを紹介!

鳥山明さんは1955年4月5日生まれ、愛知県名古屋市出身の漫画家であり、デザイナーでもありました。

彼の代表作「ドラゴンボール」や「Dr.スランプ」は、国内外で絶大な人気を誇り、彼の創造性と独創的な世界観は、漫画界に新たな風を吹き込みました。

代表作とその影響

「ドラゴンボール」は、世界中で愛される作品に成長し、アニメ化、映画化、ゲーム化など多岐にわたって展開されました。

これらの作品は、今でも多くのクリエイターに影響を与え続けています。

受賞歴と栄誉

彼の才能は多くの賞に輝き、第27回小学館漫画賞少年少女部門(『Dr.スランプ』)、第4回文化庁メディア芸術祭インタラクティブ部門大賞(『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』)など、数々の栄誉を受けています。

鳥山明の年収は1億超え??

さて、気になる鳥山明さんの年収ですが、これがまた驚きの数字で話題になっていますよね。

具体的な数字は公開されていないものの、噂によると「ドラゴンボール」が世界を席巻し始めた1990年代には、年収が約9億円だったとか。

ええ、その通り、9億円です。僕たちが想像するそれなりの額とは桁違いの世界ですよね。

どうやってそんなに稼いだの?

「ドラゴンボール」や「Dr.スランプ」など、鳥山さんが手掛けた作品は、漫画だけにとどまらず、アニメ化、映画化、さらには数え切れないほどのグッズ展開など、幅広いメディアで大ヒット。

これらの作品からの印税や関連収入が、彼の年収を押し上げた大きな要因となっています。

最近の年収はどうなの?

そして、最近ではどうなのかというと、年収はさらに増加して「およそ20億円では?」とも囁かれています。

とはいえ、これだけの成功を収めても、鳥山さん自身は非常に謙虚な方で、作品への情熱を常に第一に考えていたそうです。

お金はあくまで副産物といった感じでしょうか。彼の作品からは、そんな彼の人柄や姿勢も伝わってくるように思います。

いやはや、鳥山明さんの年収、そして彼の生き方に改めて驚かされますね。作品一つ一つに込められた情熱と愛情が、こんなにも大きな価値を生み出しているんですから。

「え、9億円?いや、待って、最近は20億円って噂もあるの?鳥山さん、漫画一つでそこまで… いや、でも考えてみれば『ドラゴンボール』の影響力、すごいもんな。

タイトルとURLをコピーしました