みそやしょうゆの転売を指南した会社はシュアーズ!佐野宗吾朗社長はどんな人?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今日はちょっと変わったビジネスモデルの話をしようと思います。

それはなんと、みそやしょうゆを転売して大儲けしようという試み。

このアイデアの主は、東京の台東区で「シュアーズ」という会社を運営する佐野宗吾朗社長。

でも、話にはちょっとした裏があって、なんと約5000万円の法人税をごまかしていた疑いが…!

この記事で、その一部始終をお届けします。

スポンサーリンク

みそやしょうゆの転売を指南した会社はシュアーズ!

さてさて、みなさんは「せどり」という言葉を聞いたことがありますか?

本やCD、ゲームなどを安く仕入れて高く売る、そんな転売のテクニックです。

でも、シュアーズ社長・佐野宗吾朗さんは、もっと身近なもの、それが「みそ」と「しょうゆ」でビジネスチャンスを見つけたんですよ。

なぜ、みそやしょうゆを転売の対象に

みそやしょうゆって、どこの家庭にもある普通の調味料ですよね。

でも、シュアーズの佐野社長は、この「普通」の中にビジネスチャンスを見つけたんです。

みそやしょうゆは、需要が安定していて、特に地域ブランドや特別な製法のものは価値が高まる傾向にあります。

つまり、これらを巧みに仕入れて転売することで、利益を出すことが可能なんですね。

みそやしょうゆの転売は違法?違法ではない!

さて、ここで一つ疑問が。

みそやしょうゆの転売って、違法なの?

答えは「違法ではない!」です。

商品を仕入れて転売すること自体は、法律に触れることはありません。

ただし、その過程でのルール違反や不正は問題です。

つまり、転売ビジネスとしてはクリーンなのですが、運営の仕方によってはグレーゾーンに踏み込む可能性もあるわけです。

今回は、脱税の疑いで違法となった

しかし、今回のシュアーズのケースでは、ビジネスモデルそのものよりも、運営の方法に問題があったようです。

なんと、約5000万円の法人税を脱税した疑いが持ち上がっているんです。

転売ビジネスで得た利益を正しく申告せず、税金を支払わなかったことが問題となり、これが違法行為にあたります。

ビジネスがどんなにユニークでも、法律を守ることは絶対ですよね。

というわけで、みそやしょうゆの転売ビジネス、面白いアイデアだと思いませんか?

ただし、この話から学ぶべきは、どんなビジネスも、ルールを守り、正直に運営することの大切さです。

佐野社長とシュアーズの今後には注目が集まりますが、私たちにとっても大切な教訓がある話でしたね。

スポンサーリンク

シュアーズ脱税事件に対する世間の声

さて、シュアーズの脱税疑惑が世間に知れ渡ってから、いろんな声が飛び交っています。

みんな、どんな反応をしているのかな?ちょっと耳を傾けてみましょう。

「え、みそとしょうゆの転売で大事件?最初聞いたときは、何の冗談かと思ったよ。でも、税金関係って聞いて、ああ、やっぱりねって。でもね、みそとしょうゆっていう日常的なものからこんな大きな話が出るなんて、ちょっとビックリだよね。」

「ビジネスが成功しても、税金をごまかしてたら意味がないよね。正直に税金を払ってこそ、その成功も認められると思うんだ。シュアーズの話を聞いて、改めて税金の大切さを感じたよ。みんなも、ちゃんと申告しようね!」

「転売ビジネスって、なんかグレーゾーンなイメージがあったけど、この事件でさらにイメージダウンしちゃったかも。でも、正しくやってる人もいるから一概には言えないよね。シュアーズの件は、ルールを守らなかった一例として、しっかり学びたいな。」

 

タイトルとURLをコピーしました