シャープ公式Twitterが炎上!まずまずうまいという言葉がいけなかった?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ちょっとした騒動についてお茶でも飲みながらお話ししましょうか。

シャープの公式Twitterが、ある一言でちょっとした炎上を起こしちゃったんですよ。

それはね、「まずまずうまい」という、ある意味で地雷を踏んだ言葉だったんです。

でも、この話、ただの炎上じゃなくて、いろんな角度から見ると結構面白いんですよ。

スポンサーリンク

シャープ公式Twitterがまずまずうまいという言葉で炎上!

「まずまずうまい」ってフレーズ、聞いてるだけでちょっと笑っちゃいますよね。

でも、この「まずまず」という言葉、ちょっとした落とし穴があるんです。

なんと、「まずい」という言葉に似ていますよね?

これを見た瞬間、「ん?まずいってこと?」と思っちゃう人、結構いるんですよね。

意外と美味しい?「まずまずうまい」の本当の意味

「まずまずうまい」というのは、本来「そこそこ美味しいよ」というポジティブな意味なんですけど、この表現、ちょっと誤解を招きやすいんですよね。

「まずい」って部分に目が行ってしまうと、一瞬で「えっ、不味いの?」ってなっちゃう。

実はこれ、言葉のチョイスって重要だなあと思わせる良い例です。

シャープのさっさとした謝罪

さてさて、この言葉選びによるちょっとした混乱に対して、シャープさん、結構あっさりと謝罪しちゃいましたね。

「おっと、ちょっと待って!誤解を招いちゃったかも?」ってな感じで。

ユーザーのレシピにこれ以上言及しないって決めたみたいで、その決断、なかなかスマートじゃないですか?

反省して、次に活かそうという姿勢、見ていてちょっとホッコリしますよね。

結局のところ、「まずまずうまい」っていうのは、そこそこいい感じってことを伝えたかっただけなんですけど、言葉って難しいですよね。

この一件で、シャープも、私たちも、ちょっと言葉選びには気をつけようって学びがあったわけです。

そして、どんなに小さな誤解も、ちゃんと対応すれば、いい方向に進むんだなあということ。

これからも、こんな風に学びながら楽しくやっていきましょうよ!

スポンサーリンク

「まずまずうまい」騒動、ネットでの色々な声

このシャープのちょっとした「まずまずうまい」発言から、ネット上ではいろんな意見が飛び交っています。

まとめてみました。

賛成派「まあ、そんなに悪くないよね?」

「まずまずうまいって、結構現実的な評価じゃない?毎日豪華な食事なんてできないし、そこそこ美味しいって正直でいいと思うんだけどなあ。」
「別に、”まずい”って言ってるわけじゃないし、ほら、リアルに”最高!”って毎回言える?」

反対派「いやいや、それはないでしょ」

「でもさ、”まずまずうまい”って聞くと、どうしても”まずい”って部分が目についちゃうんだよね。特に、自分の作ったレシピがそう言われたら、ちょっとショックだよ。」
「企業がそんな言葉選びするのって、ちょっと配慮が足りないような…。ユーザーを大切にしてる感じがしないんだよね。」

中立派「両方の言い分、わかるかも」

「うーん、この騒動、どっちもなんとなくわかる気がする。”まずまずうまい”っていう表現、悪気はないんだろうけど、受け取る側の気持ちも考えないとね。」
「シャープもさ、もうちょっと言葉を選んでほしいけど、謝罪したし、これを機に何かが改善されるといいなあ。」

結局のところ、この一連の騒動を通じて、色んな意見が出てくるのは健全なこと。

言葉一つでこんなにも様々な反応があるって、SNSの面白いところですよね。

シャープも、この経験を生かして、今後はもっとユーザーとの良好な関係を築いていけるといいですね。

そして、私たちも、言葉の力、改めて感じる機会になったのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました