サンマルクカフェが閉店ラッシュ!一体なぜ?経営不振でやばい?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

皆さん、焼き立てパンの香りに誘われて、つい足を運んじゃうサンマルクカフェを知っていますか?

特にその「チョコクロ」にはファンも多いはず。

でも、ここにきて「閉店」の文字をよく見かけるようになりましたよね。

今回は、なんでこんなにもサンマルクカフェが店を閉めているのか、その理由に迫ってみます!

スポンサーリンク

サンマルクカフェの閉店が相次いだ理由3選!

いつの間にか「閉店」の看板が増えてきたサンマルクカフェ。

あの手この手で私たちを魅了してきたあのカフェが、なぜ閉店する店舗が続出しているのか、気軽な感じでその理由を掘り下げてみましょう!

リモートワークのブーム

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが加速。

オフィスに足を運ぶ人が減り、自然とオフィス街にあるサンマルクカフェの客足も減少。

カフェでのランチタイムやちょっとしたブレイクタイムが恋しいけれど、今は自宅でコーヒーブレイクが新常識に。

食材コストの急騰

世界情勢がもたらした食材価格の高騰も一因です。

特に、サンマルクカフェが誇る「チョコクロ」に必須の小麦と卵の値段がスカイロケット。

原材料の価格上昇は経営の大きな負担になり、苦渋の決断で閉店の道を選ぶことも。

ライバル店舗の台頭

そして忘れちゃいけないのが、ライバル店舗の存在。最近はどこもかしこもカフェブームで、新しいコンセプトのお店や、SNS映えするようなスポットが次々と登場。

競争が激化して、特に若い世代のお客様の足がライバル店に流れているよう。

サンマルクカフェも戦いは厳しく、厳選された店舗での勝負に出ることに。

サンマルクカフェの閉店理由、結構いろいろありますよね。

でもこれからどんな風に変わっていくのか、ちょっと楽しみな部分も。

美味しいコーヒーとパンでまた私たちを笑顔にしてほしいですね!

スポンサーリンク

サンマルクカフェ閉店に対する世間の声

「あれ、マジで? サンマルクカフェのあの店、もう閉店しちゃったの? あそこ、チョコクロでいつも幸せな気分になれたのになぁ。」

「リモートワークが増えてから、オフィス近くのカフェに行く機会が減ったもんね。サンマルク閉店のニュース、ちょっとショックだけど、時代の流れかな。」

「小麦と卵の値段が上がってるってニュースは見たけど、それがサンマルクカフェの閉店に直結してるなんて…。美味しいものは、どんどん手が届かなくなってく…。」

「最近、新しいカフェやおしゃれなブレッドショップが増えてきたもんね。競争が激しい中で、サンマルクカフェが閉店するのも、なんだかんだで納得はできるよ。」

タイトルとURLをコピーしました