静岡県知事川勝平太はなぜ当選した?4つの理由!国籍が韓国なのは本当?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今日はちょっとしたゴシップから学べる大事なレッスンがあるよ、という話。

静岡県の川勝平太知事が最近、ちょっとしたハプニングで話題になっちゃいました。

新入職員へのある発言が火種となり、結局は電撃辞職へと至ったんです。

でも、そもそも彼がなぜ当選したのか、そしてこの騒動の背景には何があるのか、ちょっと掘り下げてみましょう!

スポンサーリンク

なぜ川勝平太知事は当選したの?

さてさて、皆さんが気になる「なぜ川勝平太知事は当選したの?」の答え。

彼の勝利のカギは、実は色んなところに隠されています。ちょっと覗いてみましょうか。

前知事石川氏の無難な県政を受け継いでいるから

まずは、「安定感」ってやつですね。

前知事の石川さんが築き上げた、無難で安心できる県政。これを川勝さんが引き継ぐことで、「この人なら安心かも?」って思わせるわけです。

やっぱり、政治って安定感が大事ですよね。みんなが「オッケー、この船なら安心して乗れる!」って感じる舵取りを期待してるわけです。

リニアについて川勝氏の意見を支持する人が多いから

そして、「リニア問題」。

これ、けっこう大きいですよね。

リニア新幹線の建設に対して、川勝さんは環境保護の観点から慎重な姿勢。

この「静岡の自然を守ろう!」っていうスタンス、地元民からしたらかなりポイント高いんです。

つまり、「自然派」な人たちからの支持がバッチリってわけ。

高校生までは医療費無料

次に、「医療費無料政策」の話。

これ、マジで大きなポイントですよ。子どもが高校生まで医療費無料って、家計にとっては超ありがたい政策。

この政策だけで、「川勝さん、あなたに決めた!」ってなる家庭、たくさんあったはず。

子育て世代には、もうヒーローですよね。

ある程度有名だから

最後に、「知名度」の問題。川勝さん、実はかなりの有名人。

学者としてのキャリアもピカイチ、静岡文化芸術大学の学長を務めたこともあるんです。

この「あ、川勝さんなら聞いたことある!」っていう認知度が、選挙においては大きな力を発揮します。

有名人効果ってやつですね。

みんな、ちょっとでも知ってる人に投票したくなるものなんです。

というわけで、川勝平太知事の当選の謎、ちょっとは解けたかな?

やっぱり、人の心をつかむには様々な要素が絡み合っているんですね。興味深いですよね!

スポンサーリンク

川勝平太知事の国籍が韓国なのは本当?

Twitter上で「川勝平太知事の国籍が韓国だって!」なんてウワサが飛び交ってるみたい。

でも、ちょっと待ってください。本当にそんなことあり得るんでしょうか?

まず、この噂の出所はどこなんでしょうね?

Twitterって、面白いことも真実もウソも全部一緒くたになって流れてくる不思議な場所ですから。

この情報も、どこかで誰かがポロッと言ったことが雪だるま式に大きくなっちゃったのかもしれませんね。

さて、日本の県政を担当する知事の国籍が韓国って、ちょっと考えにくいですよね。

なんといっても、日本の公職選挙法っていうのがあって、知事に立候補するには日本国籍が必要なんです。

だから、このウワサ、ちょっと考えただけでも「ん?」ってなります。

しかも、川勝平太知事の経歴を見てみると、日本国内での活躍がずっと続いているわけで、国籍が韓国だったらこんなにスムーズにキャリアを積めるかっていう疑問も。

学者としての背景も、静岡文化芸術大学の学長としての経歴も、全部日本国内でのこと。

これで国籍が韓国だったら、かなりのサプライズですよね。

タイトルとURLをコピーしました