新幹線でリクライニングする際は声かけなくて良い?いちいち聞くなという意見もある?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新幹線での長旅、ゆったりと背もたれを倒す瞬間が待ち遠しいですよね。

でも、隣の人に「倒しますけど、大丈夫ですか?」と一言声をかけるのは、もしかしてもう古いスタイルかも?

この記事では、そんな新幹線でのリクライニングの最新エチケットについて軽く掘り下げてみます。

スポンサーリンク

新幹線でリクライニングするときに声かけるメリット3選!

新幹線の旅は快適であるべきですが、リクライニングする際に隣の席の人に声をかけるべきかどうか、ちょっとした悩みの種ですよね。

では、声をかけることのメリットは何でしょう?

その理由を三つ見てみましょう。

一礼してからのリクライニングは円滑な人間関係のキー

まず、リクライニングする前に軽く声をかけることは、後席の人との小さなコミュニケーションです。

これによって、相手の空間を少し侵す行為に対する形式的な許可を得ることができ、旅の途中でのちょっとした気遣いが関係をよりスムーズにします。

向こうも「お気遣いありがとう」と感じるかもしれませんね。

意外なトラブルを未然に防ぐ

後ろの人が食事中や、ノートパソコンを広げて作業中だったらどうでしょう?

リクライニングによる突然の動きは、テーブル上の飲み物をひっくり返したり、大事なPCにダメージを与えるリスクも。

声をかけることで、「ちょっと倒しますね」という予告が可能となり、相手がその準備をする時間を確保できるわけです。

さりげない配慮が気持ちいい

最後に、この小さな声かけ一つで、「気配りができる人だな」という印象を持たれることも。

電車内での少しの配慮が、長い旅の中で互いに心地よい時間を過ごすためのカギとなります。

自分自身も気持ちよく過ごせるし、周囲にも同じように感じてもらえるはずです。

結局のところ、リクライニング時の一声は、お互いの快適な旅を約束するための簡単なステップ。

少しの声かけが、快適な共同生活空間を作り出すわけですね。

スポンサーリンク

新幹線でリクライニングする際は声掛けいらない?反対派の意見を紹介!

新幹線でのリクライニング、実は「声をかけるべき」というルールは正式なものではないんです。

リクライニングする際に声をかけないでOKという立場も、ちょっと聞いてみませんか?

気軽なトーンでその理由を掘り下げてみましょう。

席を倒すのは当然の権利だから

まず、席をリクライニングすることは、チケットを購入した時点で与えられた権利の一つです。

だからこそ、席を倒すのは当然だと考える人も少なくないわけです。

自分の快適さを確保するために、気兼ねなく席を倒してもいいんじゃないかなというのがこの意見の根底にあります。

集中しているときに声をかけられるのが嫌だから

仕事で資料を読んだり、映画を観たりしている最中に、急に声をかけられると、集中が途切れてしまいますよね。

特に、長時間の移動中は自分の時間を大切にしたいもの。集中しているときに声をかけられるのが嫌というのは、リクライニングのためだけに会話を挟むことで生じる小さなストレスを避けたい、というのがこちら側の意見です。

つまり、リクライニングの際に声をかけることは、確かに配慮から来る行動かもしれませんが、それがすべての乗客にとって最善の方法とは限りません。

自分と他人の快適さを考えつつ、場面に応じた対応を考えるのが、新幹線の旅のコツかもしれませんね。

まとめ

新幹線でのリクライニングに関するエチケットは、一様ではありません。

声をかけることが礼儀とされてきましたが、その必要性には賛否両論が存在します。

一方で、リクライニングは乗客の権利の一部であり、声をかけずに行うことも多くの人にとっては合理的です。

また、集中している際に声をかけられることの不快感を避けたいという意見もあります。

結局のところ、互いの快適さを尊重しながら、場面に応じた適切な行動を取ることが重要です。

リクライニングの際には、相手を思いやる心と自分の快適さのバランスを考えることが、共に快適な旅を楽しむための鍵となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました