産休クッキーの元ネタは?なぜうざいと言われて炎上?いらないから?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回は、ネットでちょっとした騒ぎになっている「産休クッキー」についてお話しします。

産休の報告として職場に配るこのクッキーが、「うざい」と炎上しているんです。

なぜこんな反応が出ているのか、その背景に迫りますよ!

スポンサーリンク

産休クッキーの元ネタは?Twitter(X)が発端!

みなさん、産休クッキーって聞いたことありますか?

実はこのクッキー、ある投稿から人気が出始めたんです。

具体的には2024年4月15日、Twitterに投稿されたこのクッキーが、あっという間にバズり始めました。

投稿後わずか数日で表示回数は5400万回を超え、コメントも700件を突破!

でも、このクッキーがどうしてこんなに注目されたのか、その理由に迫ります。

産休クッキーってなに?

産休クッキーは、名前の通り産休に入る前に職場で配るクッキーです。

嬉しい報告をクッキーに込めて、同僚に感謝の気持ちを伝えるためのアイテム。なんだか素敵ですよね?

これらのクッキーには「産休をいただきます」というメッセージが書かれており、デザインには赤ちゃんのかわいらしい絵も描かれています。

味はシンプルなプレーン味で、誰もが楽しめる優しい味わいが特徴です。

このシンプルで心温まるデザインが、多くの人々に愛される理由の一つでしょう。

しかし、その一方でSNS上では様々な意見が飛び交っています。次のセクションで、その炎上の理由について詳しく掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

産休クッキーがうざいと思われ炎上!ぶっちゃけいらない?

さて、話題の産休クッキーですが、このアイテムがなぜ「うざい」と言われてしまうのでしょうか?

そして「いらない」という声が上がる理由について、賛成派と反対派の意見を交えながら見ていきましょう。

「産休は当たり前の権利だし、クッキーを配る必要ある?」

産休は働く女性にとって当然の権利

それなのに、なぜ産休を取ることを周囲に伝えるために、わざわざクッキーを配る必要があるのでしょうか?

「産休を取るからといって、特別なことをしなくてもいい」というのが、この意見の根底にあります。

クッキーを配る行為が、かえってプレッシャーに感じるという声もあるんですね。

「新しい風習に戸惑い?」

また、「産休にクッキーを配るなんて聞いたことない」という意見もあります。

今までの慣習にない行動に、戸惑いや抵抗を感じる人がいるのかもしれません。

新しい文化や習慣が導入される時、それが受け入れられるまでには時間がかかるものです。

「もしかして、クッキーが好きじゃないから?」


そして、ちょっとした予想ですが、「単純にクッキーが好きではないから」という意見もあるかもしれません。

好みの問題で「いらない」と感じる人も中にはいるでしょう。ただ、これはあくまで一部の人の意見かもしれませんね。

このように、産休クッキーに対する賛否両論はさまざまな視点から提起されています。

甘いものが好きな人にとっては嬉しいサプライズかもしれませんが、それがすべての人にとって快適であるとは限らない、というわけです。

これからもこの議論は続くでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました