【2023最新】Twitter見るだけできなくなった?実は裏技があります

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Twitterは日々の情報収集に欠かせないツールですが、アカウントを持っていないとフルに活用するのが難しいと思われがちです。

しかし、ログインせずにTwitterの情報を得る方法があるのです。

この記事では、そんな裏技をご紹介します。

これで、アカウントがなくてもTwitterの面白さを堪能することが出来ます!

スポンサーリンク

【2023最新】Twitter見るだけできます!裏技2選

Twitterをログインせずに見る方法は主に2つあります。
  • Yahoo!リアルタイム検索
  • nitter

Yahoo!リアルタイム検索

Yahoo!JAPANのリアルタイム検索機能は、Twitterの投稿をリアルタイムで検索できる便利なツールです。

テレビ番組の反応や、緊急のニュース、自然災害の最新情報など、さまざまなシーンで役立ちます。

アカウント名で検索

特定のアカウントのツイートを見たい場合は、アカウント名の前に「id:」を付けて検索します。

これで、そのアカウントのツイートを簡単に閲覧できます。

キーワード検索

任意のキーワードを入力して検索すると、関連するツイートが表示されます。

これにより、特定のトピックに関する最新の話題を追うことができます。

nitterを使う

nitterは、Twitterアカウントを検索できるサービスです。

お目当てのアカウントを検索し、そのツイートを閲覧することが可能です。

アカウント検索

ウェブ上で見かけたTwitterアカウントをnitterで検索し、そのアカウントのツイートを見ることができます。

Chrome拡張機能の活用

Chrome用の拡張機能「Nitter Redirect」を使うと、Twitterへのリンクをクリックした際に自動的にnitterのページにリダイレクトされます。

これにより、検索作業が不要になります。

こちらの裏技は、2023年12月現在、使えることが確認できていまが、今後の仕様変更で使えなくなる可能性があります。
スポンサーリンク

Twitter見るだけのアカウントを作るのも良い

Twitterをフルに活用するためには、アカウントを作成することも一つの有効な手段です。

特に、Twitterを「見るだけ」で利用したい場合、専用のアカウントを作ることにはいくつかのメリットがあります。

カスタマイズされたフィードの利用

自分のアカウントを持つことで、興味のあるトピックや人物をフォローし、カスタマイズされたフィードを作成することができます。

これにより、自分にとって関心の高い情報を効率的に収集することが可能になります。

プライバシーの保護

「見るだけ」のアカウントを作る場合、実名や個人情報を明かさずに利用することができます。

これにより、プライバシーを保護しながら、Twitter上の情報を安心して楽しむことができます。

通知機能の活用

自分のアカウントを持つことで、フォローしているアカウントやハッシュタグからの最新のツイートに関する通知を受け取ることができます。

これにより、重要な情報を見逃すことなく、リアルタイムでの情報収集が可能になります。

ブックマーク機能の利用

Twitterにはブックマーク機能があり、気に入ったツイートを保存しておくことができます。

後でじっくり読み返したい情報や、参考になるツイートを簡単に保存し、いつでもアクセスできるようになります。

インタラクションの可能性

もし将来的にTwitterでのインタラクションに興味が湧いた場合、すでにアカウントを持っていれば、すぐにコミュニケーションを開始することができます。

リツイートやいいね、コメントなど、Twitterの社交的な側面を楽しむことも可能になります。

Twitter
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました