【YouTube】ブロックしても出てくるときの対処法

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

最近、YouTubeは情報収集や学習の場としても非常に重要な存在となっています。

しかし、中には不快な広告や迷惑なコンテンツに遭遇した経験を持つ方もいることでしょう。

特に、興味のあるテーマに関連する動画を探していると、たまにブロックしたはずのコンテンツが再び表示されることがあります。

そこで、今回はYouTubeでブロックしても出てくるときの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

【YouTube】ブロックしても出てくるときの対処法

1. ブロック機能の確認

1.1 ブロック機能の設定を再確認する

まずは、YouTubeの設定画面にアクセスし、ブロックしたリストを確認します。

ブロックしているはずのチャンネルや動画が表示されていないか、正しくブロックされているかを確認しましょう。

1.2 ブロックした項目を再度ブロックする

もし再び表示されるコンテンツがブロックしたリストに含まれている場合、再度ブロックすることで表示を防ぐことができます。

ブロックしたい項目を特定し、再度ブロック設定を行いましょう。

2. 関連動画の変更

2.1 関連動画のリセット

再び表示されるコンテンツが関連動画として表示される場合、関連動画のアルゴリズムを直接変更することはできませんが、視聴履歴と閲覧履歴を消去することで関連動画をリセットすることができます。

YouTubeでは、ユーザーの視聴履歴や閲覧履歴を元に関連動画を表示しています。

したがって、視聴履歴と閲覧履歴をクリアすることで、関連動画の表示がリセットされ、新しい関連動画が表示されるようになります。

設定画面から「プライバシー」や「履歴」の項目にアクセスし、視聴履歴や閲覧履歴を削除するオプションを選択しましょう。

注意点として、これによって過去の視聴履歴や閲覧履歴も消去されるため、再生したい動画やアクセスしたいページがある場合はブックマークなどで保存しておくことをおすすめします。

3. カスタム検索フィルタの利用

3.1 カスタム検索フィルタを設定する

さらに効果的な対処法として、カスタム検索フィルタを利用する方法があります。

YouTubeの設定画面から「検索」タブにアクセスし、カスタム検索フィルタを設定します。特定のキーワードやチャンネルを除外することができるので、ブロックしても表示されたくない項目を設定しましょう。

スポンサーリンク

【YouTube】ブロックしても出てくるときの対処法のまとめ

YouTubeでブロックしても出てくるときの対処法を紹介しました。

まずはブロック機能の設定を再確認し、必要な項目を再度ブロックしましょう。

関連動画のリセットには視聴履歴と閲覧履歴のクリアが有効です。

YouTube
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました