【YouTube】反転の仕方は?PCスマホどちらもOK

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

YouTubeには多くの魅力的な動画がありますが、中でも踊ってみた動画が人気です。

踊りたいけれど正面からの映像では振り付けを覚えるのが難しいという問題を抱える方もいるでしょう。

また、YouTubeにある反転された動画を見たいという方もいるかもしれません。

スポンサーリンク

YouTube動画の反転の仕方(スマホの場合)

まず、スマートフォンでYouTubeの動画を左右反転させるためには、「SymPlayer」というアプリを利用します。

このアプリは動画の反転だけでなく、スローモーション再生などもサポートしており、様々な編集機能が備わっています。

以下は具体的な手順です

  1. スマートフォンのアプリストア(App StoreやGoogle Play)から「SymPlayer」をダウンロード・インストールします。
  2. アプリを起動したら、メニューから「WEBから選択」を選びます。その中で「YouTubeから選択」をタップします。
  3. 反転したいYouTube動画のURLを入力するか、もしくは「↓」というアイコンをタップしてYouTubeのアプリが開かれるので、反転したい動画を選択します。
  4. SymPlayerが動画を読み込み、動画が反転した状態で再生されます。

このように、SymPlayerを使うことで簡単にYouTubeの動画を反転させられます。

振り付けを学ぶ際や自分の踊りを確認する際に便利な機能ですので、踊ってみたいと思ったらぜひ活用してみてください。

ただし、著作権には十分な注意が必要ですので、適切な範囲で利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

YouTube動画の反転の仕方(パソコンの場合)

パソコンを使ってYouTubeの動画を左右反転させるには、「Mirror Tube」という便利なウェブサイトを利用します。

このサイトを使うことで、手軽に動画を左右反転させることが可能です。

Mirror Tubeを使用した方法

  1. まず、ウェブブラウザを開き、検索エンジンに「Mirror Tube」と入力して検索します。
  2. 検索結果から、「Mirror Tube」という名前のウェブサイトにアクセスします。
  3. Mirror Tubeのサイトにアクセスしたら、動画のURLを入力する欄が表示されるので、反転させたいYouTube動画のURLをコピーして貼り付けます。
  4. URLを入力したら、反転ボタンをクリックして動画を左右反転させます。
  5. Mirror Tubeは反転した動画を生成し、再生する準備ができます。
  6. 反転させた動画が再生され、左右が反転した映像を確認することができます。

YouTubeに反転された動画がある理由は?

左右反転された動画がYouTubeにアップロードされる主な理由は、著作権侵害を回避するためです。

YouTubeは著作権を尊重するため、著作権を侵害するコンテンツを自動的に検出する仕組みを持っています。

これにより、著作権侵害が疑われる動画は削除されたり、広告収益が削減されるなどの対応が取られます。

そこで、著作権に違反する可能性のある動画をアップロードしても検知されないように、動画を左右反転させることで元の動画とは異なる形態に変えて投稿するケースが見られます。

このような反転した動画は検出されにくくなり、著作権侵害を回避する目的で利用されることがあります。

ただし、これは著作権を侵害する行為であり、違法なコンテンツのアップロードはYouTubeの利用規約に違反します。

著作権侵害は法的な問題となることがあるため、適切な範囲でYouTubeを利用し、著作権を尊重することが重要です。

まとめ:【YouTube】反転の仕方は?PCスマホどちらもOK

YouTubeの動画を左右反転させる方法には、スマホでは「SymPlayer」アプリ、パソコンでは「Mirror Tube」ウェブサイトを使います。

SymPlayerは簡単な操作で動画を左右反転でき、Mirror TubeはURL入力だけで反転動画を生成します。

YouTube
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました