【Twitter】ミュートワードが効かない?原因と解決策を紹介

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Twitterは多くの人々が情報や意見を共有するプラットフォームですが、中には特定のワードやトピックに関するツイートが不快だったり、不要だったりしてストレスを感じることがありますよね。

そんな時、「ミュートワード」機能を利用することで、そのようなツイートをタイムラインから簡単に非表示にすることができます。

しかしながら、最近ではミュートワードが思ったよりも効果が薄いと感じているかもしれません。

特定のワードが表示されたり、あるいは関連のないツイートがまだ目に入ってきたりするかもしれません。

この記事では、なぜミュートワードが効かない場合があるのか、そしてその対処法について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterでキーワードミュートが効かない理由と対処法

Twitterでキーワードミュートが効かない理由が様々ですが、ひとつずつ見ていきましょう。

パターン①:単語単位でキーワードを設定していない

キーワードミュートの効果を最大限に引き出すためには、単語単位での設定が重要です。

単語の違いや組み合わせによって、ミュートの結果が異なることがあります。例を用いて詳しく説明します。

例えば、”旅行”というキーワードをミュートしたいとしましょう。

この場合、”旅行”に関連するツイートが非表示にされます。しかし、”旅行者”や”旅行中”といった単語が含まれるツイートはミュートされません。

ツイッターは単語ごとに区別をしており、部分一致ではなく完全一致を求めています。

対処法

関連する単語を網羅的にキーワードミュートに登録することで、漏れを最小限に抑えることができます。

例えば、”旅行”をミュートしたい場合には、”旅行者”や”旅行中”なども別々にキーワードミュートに追加しましょう。

英語の場合も同様で、例えば”food”をミュートする場合には、”foods”や”foodie”なども考慮に入れることが重要です。

キーワードミュートの効果を最大化するためには、細かな違いに注意を払いながら関連する単語を登録することがポイントです。

パターン②:外部サービスの引用元にはミュートが効かない

外部サービス(YouTubeやインスタグラム・ブログなど)の引用元の文字には、キーワードミュートが効かないことがあります。

例えばYouTubeの動画を引用したツイートでは、引用元の文字に対するミュートは無効です。

対処法

引用元へのミュートが効かない場合、そのツイートを頻繁にするアカウントをアカウントミュートすることを検討しましょう。

これによって、特定のアカウントのツイートを非表示にすることができます。

パターン③:ミュート対象の設定が間違っている

キーワードミュートの対象設定が誤っている場合、ミュートが効かないことがあります。

例えば、「フォローしていないアカウント」のみが対象になっている場合などです。

対処法

ミュート対象の設定画面を確認し、正しい設定になっているか確認してください。

設定画面は「プロフィールアイコン」→「設定とプライバシー」→「コンテンツ設定」→「ミュート」→「ミュートしたキーワード」からアクセスできます。

これらのパターンに注意し、適切な対処法を選ぶことで、より快適なTwitter体験を実現できるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:【Twitter】ミュートワードが効かない?原因と解決策

Twitterのミュートワードが効かない場合、単語単位の設定が必要であり、関連する単語も含めて登録することが重要です。

ツイッターは完全一致を要求し、部分一致は無効となるため注意が必要です。

また、外部サービスの引用元やミュート対象の設定によっても効果が変わります。

適切な対処法を選ぶことで、より快適なTwitter体験が実現できます。

Twitter
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました