【Twitter】フォロー解除が勝手にされる?バグ?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Twitter(ツイッター)を使っている際、自分がフォロー解除したわけでもないのに、フォローしていた人の数が減少しているという経験をしたことがあるかもしれません。

この記事では、そのような状況が発生する原因と、それに対する対処法について詳しく説明します。

Twitter側の問題やユーザーの行動によってフォローが外れる可能性について探ってみましょう。

スポンサーリンク

フォローが自動的に外れる理由

Twitterでフォローが自動的に外れる原因は、いくつかの要因によるものがあります。

以下で主な原因を見ていきましょう。

1. Twitterのシステムの不具合

Twitterには、たまに「カウンターリセット」と呼ばれる不具合が発生し、フォロー数やツイート数が勝手に変動することがあります。

アプリのアップデート前後に起こりやすく、しばらく待つと元に戻ることが多いです。

2. 相手によるブロック

フォロー中のユーザーにブロックされると、フォローが自動的に解除されます。

相手のプロフィールを確認してブロックされているかを確認してみましょう。

3. 相手によるアンブロック(ブロ解)

相手によって一度ブロックされてから解除されると、フォローが自動的に外れたような状況が生じることがあります。

特に相互フォローだった場合に注意が必要です。

4. 相手によるフォロワーの削除

Twitterはフォロワーの削除機能を導入しており、相手がフォロワーを削除すると、あなたのフォローも外れます。

ウェブ版Twitterで操作が可能です。

5. 相手のアカウント削除

相手がアカウントを削除すると、当然ながらフォローも外れます。

相手のプロフィール画像がグレーに変わり、ツイート欄にエラーメッセージが表示されることがあります。

6. 相手のアカウント凍結やロック

相手のアカウントがTwitterの規約に違反する行動をすると、アカウントが凍結やロックされ、その結果フォローも外れることがあります。

7. スパムアプリとの連携

外部アプリと連携する際、フォロー解除などの操作を不正に行える権限を与えてしまう場合、フォローが外れる可能性があります。

連携アプリの確認と不正なものの解除が必要です。

8. 誤操作によるフォロー解除

自分自身が誤ってフォローを解除してしまう可能性も考えられます。

特にPC版Twitterでは注意が必要です。

9. アカウントの乗っ取り

アカウントが不正に乗っ取られると、フォローが外れることがあります。

不正ログインの兆候がある場合は、即座に対処する必要があります。

スポンサーリンク

【Twitter】フォロー解除が勝手にされたらどうすれば良い

Twitterを利用している際に、自分のフォローが勝手に解除されていることに気付いた場合、適切な対処法が必要です。

以下に、フォロー解除が自動的に行われた際の対処方法を紹介します。

1. 相手のプロフィールを確認

フォロー解除された相手のプロフィールを確認しましょう。

相手にブロックされたか、アカウントが凍結されたか、アカウントが削除されたかなど、変更点を確認することが重要です。

2. コンタクトを取る

原因が不明な場合、丁寧な言葉で相手に直接コンタクトを取ることを検討してみてください。

誤解や問題を解決する手助けとなるかもしれません。

フォロー解除が自動的に行われた場合、冷静に状況を見極め、相手とのコミュニケーションや問題解決のための適切な手段を選ぶことが重要です。

まとめ

Twitterでフォローが自動的に外れる原因は多岐にわたりますが、バグやユーザーのアクションが一般的です。

フォローが外れた場合、この記事で説明した原因と対処法を考慮してみることをおすすめします。

Twitter
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました