【Zoom】リアクションボタンはどこにある?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

リモートワーキングやオンラインミーティングが急速に普及する中、Zoomは多くの人々にとって重要なコミュニケーションツールとなっています。

Zoomの使い方をマスターするために、リアクションボタンは非常に便利な機能の一つです。

この記事では、Zoomのリアクションボタンがどこにあるのか、そしてその使い方について詳しく説明します。

スポンサーリンク

【Zoom】リアクションボタンの場所

Zoomのリアクションボタンは、ミーティング画面のどこに配置されているのでしょうか?

ミーティング画面の下部

まず、リアクションボタンは通常、ミーティング画面の下部に位置しています。

もし見つからない場合は、Zoom画面を全表示して、レコーディングボタンを探してください。

リアクションボタンはその隣りにあります。

これをクリックすることで、リアクションを表示し、参加者とのインタラクションが可能になります。

リアクションボタンのアイコン

リアクションボタンのアイコンは、手のアイコンとなっており、一般的に「手を上げる」といった意味で使用されます。

このアイコンをクリックすることで、リアクションメニューが表示され、様々なアクションを選択できます。

スポンサーリンク

【Zoom】リアクションの種類

リアクションは多種多様で、Zoomミーティングやウェビナーでさまざまな感情や意思を表現するのに役立ちます。

以下は一般的なZoomのリアクションの種類です。

1. 挙手: 質問やコメントをする意思を示すために使用されます。話し手に対する質問や意見を伝える際に便利です。

2. 拍手: 賞賛や共感を表現するために使われます。話し手やプレゼンターの成功を祝福するのに適しています。

3. いいね: 何かに賛成や賛同する意思を示すために使われます。他の参加者の発言や提案に賛成の意思を示すのに適しています。

4. 喜び: 嬉しい気持ちやポジティブな反応を表現するために使用されます。何か良いニュースや成功に対して使われることがあります。

5. おどろき: 驚きや興奮を表現するために使われます。意外な情報や驚くべき瞬間に使用されます。

6. ハート: 愛や感謝の気持ちを表現するために使われます。感動的な瞬間や愛情を示す場面で使われます。

7. クラッカー: 祝福やお祝いの気持ちを表現するために使用されます。特別なイベントや成果を祝う際に使われることがあります。

これらのリアクションは、参加者が感情や意思をコミュニケーションで表現する際に、言葉を使わずに手軽に利用できるツールとしてZoomミーティングの対話を豊かにします。

Zoomリアクションのまとめ

Zoomのリアクションボタンは、コミュニケーションをより効果的にするための便利なツールです。

ミーティング画面の下部にある手のアイコンをクリックするだけで、おどろきや喜びを表現できます。

Zoomをより使いこなすために、ぜひリアクションボタンを活用してみてください。

Zoom
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました