【Zoom】参加者が表示されないときの対処法

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Zoomを使用する際、参加者の表示がうまくいかないことがあります。

この記事では、そんな問題に対処する方法を解説します。

スポンサーリンク

【Zoom】参加者が表示されないときの対処法

スピーカービューからギャラリービューへの切り替えは、Zoomを使う際に非常に便利な機能です。

ギャラリービューでは、参加者のビデオが一覧表示され、スピーカービューとは異なり、同時に多くの参加者を確認できます。

通常、ギャラリービューに切り替えるには以下のステップに従います

  1. Zoomの画面上部にある「スピーカー」または「ギャラリー」のアイコンを見つけます。
  2. このアイコンをクリックします。
  3. これにより、スピーカービューからギャラリービューに切り替わり、参加者のビデオが一覧表示されます。

この方法に従えば、スピーカービューからギャラリービューに瞬時に切り替えることができ、効果的なオンラインミーティングやウェビナーの運営が可能です。

スポンサーリンク

Zoomで参加者を確認する際に注意すること

Zoomウェビナーの場合、参加者は表示されない

Zoomウェビナーは、通常のミーティングとは異なり、参加者のギャラリービューに表示されないことが特徴です。

ウェビナーでは、主催者やパネリストのビデオが表示され、一般の参加者はギャラリービューで表示されません。

これは、ウェビナーが大規模なイベント向けに設計されており、一般の参加者がビデオを共有することが制限されているためです。

ウェビナーの場合、主要なコンテンツは主催者やパネリストによって提供され、質疑応答やチャットを通じて参加者が参加します。

主催者は通常、参加者リストを参照できますが、ギャラリービューでの表示は提供されません。

画面共有と参加者表示

画面共有が有効になっている場合、参加者の表示がスピーカービューではなくなることがあります。

これは、画面共有中に主要なコンテンツに焦点を当てるために設計されています。

通常のミーティングビューで参加者を確認するには、以下の手順に従います

1. 画面共有を停止する

画面共有を行っている場合、画面共有ボタンをクリックして画面共有を停止します。

2. ミーティングビューに切り替える

ミーティングビューに切り替えるために、Zoomウィンドウの右上にある表示モード切り替えボタンをクリックします。

通常のミーティングビューに切り替えることで、参加者がギャラリービューに表示されるようになります。

これにより、画面共有がオフになり、参加者リストを表示できるようになります。

これは、特にミーティング中に参加者を確認したり、チャットで連絡を取ったりする際に便利です。

ウェビナーと通常のミーティングとの違いを理解し、必要に応じて表示モードを切り替えることで、効果的にZoomを活用できます。

まとめ

多くの場合は、スピーカービューをギャラリービューに切り替えることで参加者を確認することができます。

また、Zoomウェビナーの場合は、基本的に他の参加者を確認することができない点に注意しましょう。

Zoom
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました