Discordで活用できるシャベル(Shovel)のコマンドで簡単読み上げを行う方法

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Discordはコミュニケーションの場として広く使われていますが、その中でも特に便利なのが「Shovel(シャベル)」という読み上げBOTです。

この記事では、Shovelのサーバー導入から使い方、便利なコマンドまでを分かりやすく解説します。

IT初心者でも簡単に使えるようになるためのポイントを紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

Shovelはどんなボット?

ShovelはDiscordでテキストメッセージをボイスチャンネルで読み上げてくれるBOTです。

特に「聞き専」のユーザーにとっては、チャットの内容を音声で聞けるため非常に便利です。

日本語の読みづらい言葉も辞書機能を使って覚えさせることができます。

Shovelの基本機能

Shovelの基本的な機能は、テキストチャンネルに投稿されたメッセージを音声で読み上げることです。

これにより、テキストを見ることが難しい状況でも、会話を楽しむことができます。

辞書機能の活用

Shovelには辞書機能があり、特定の言葉の読み方をカスタマイズできます。

これにより、日本語の難読語も正確に読み上げさせることが可能になります。

スポンサーリンク

Shovelのサーバー導入方法

ShovelをDiscordサーバーに導入する方法は非常に簡単です。

ただし、サーバーの管理権限が必要になるので注意が必要です。

Shovelには青、赤、緑の3種類があり、それぞれをサーバーに招待することができます。

導入手順

導入はリンクをクリックして招待画面に進み、「サーバーに追加」を選択して、必要な権限を与えるだけです。

非常にシンプルで、初心者でも簡単に設定できます。

権限の設定

Shovelを使用するためには、適切な権限をBOTに与える必要があります。

これにより、テキストチャンネルのメッセージを読み上げることが可能になります。

Shovelの使い方

Shovelの基本的な使い方は非常にシンプルです。

ボイスチャンネルに参加し、特定のコマンドをテキストチャンネルに入力するだけで、Shovelが読み上げを開始します。

基本コマンド

基本的なコマンドは「!sh s」で、これを入力するとShovelが読み上げを開始します。

赤や緑のShovelを使用する場合は、それぞれ「!shr s」や「!shg s」となります。

読み上げのカスタマイズ

Shovelでは、読み上げの声質や速度、声の高さをカスタマイズすることができます。

これにより、より快適な読み上げ体験を実現できます。

Shovelのコマンド

Shovelには様々な便利なコマンドがあります。

これらを使うことで、読み上げのカスタマイズや、特定のチャンネルの読み上げを停止することができます。

読み上げのカスタマイズコマンド

「!sh uv」コマンドを使うと、声質や速度、声の高さを調整できます。

また、「!sh read_limit」コマンドで読み上げる文字数の制限を設定することも可能です。

辞書機能のコマンド

「!sh aw」コマンドで新しい単語と読みを辞書に登録し、「!sh dw」で辞書から単語を削除できます。

これにより、カスタマイズされた読み上げが実現できます。

以上がDiscordのShovelコマンドの基本的な使い方です。

これらの情報を活用して、Discordでのコミュニケーションをより豊かにしましょう。

ShovelはIT初心者でも簡単に扱えるツールなので、ぜひ試してみてください。

Discord
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました