【Twitter】外国人からのリプを非表示にするには?

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Twitterを使っていると、時には外国人ユーザーからの不要なリプライが多くなることがあります。

最近は、インプ稼ぎと呼ばれるリプライも多くなってきました。

これらのリプライは、時には邪魔になり、Twitter体験を損なうことも。

今回は、そんな煩わしいリプライを効果的に非表示にする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【Twitter】外国人からのリプを非表示したいなら「Veri block」

「VeriBlock」は、認証済みアカウントのリプライを自動で非表示にするChrome拡張機能です。

このツールを使えば、煩わしいリプライを一掃し、快適なTwitterライフを取り戻すことができます。

VeriBlockの特徴

VeriBlockは、タイムライン上のすべての認証済みアカウントを非表示にする機能を持っています。

また、リプライしている認証済みアカウントのみを非表示にする設定も可能です。

ホワイトリスト機能

知り合いや役立つリプライを非表示にしないためのホワイトリスト機能も備えています。

これにより、重要なアカウントのリプライは見逃しません。

スポンサーリンク

VeriBlockを導入しよう

VeriBlockの導入は非常に簡単です。

Chromeウェブストアから拡張機能を追加し、設定を行うだけで、すぐに使用を開始できます。

インストール方法

Chromeウェブストアにアクセスし、「VeriBlock」を検索。

表示された拡張機能を「Chromeに追加」することでインストールが完了します。

設定のカスタマイズ

インストール後、アイコンをクリックして設定画面を開き、非表示にするリプライの種類を選択します。

タイムライン全体か、リプライのみかを選べます。

インプ稼ぎ外国人のリプを非表示にしたいなら、「リプライクリーナーモード」にします。

Veriblockは万能ではない

Veriblockは多くの場合、Twitterでの煩わしいリプライを非表示にするのに役立ちますが、万能なツールではありません。

いくつかの特定の状況では、Veriblockでもリプライを非表示にすることができないことがあります。

認証マークを非表示にしているアカウント

Twitterユーザーは、自分のプロフィール設定で認証マークを非表示にすることができます。

この設定を行っているアカウントのリプライは、Veriblockでは非表示にできません。

そのため、認証マークを隠しているユーザーからのリプライは引き続き表示されます。

ツールの限界と対応策

Veriblockは、基本的に認証済みアカウントのリプライをターゲットにしています。

しかし、認証済みでないアカウントや、特定の条件を満たさないリプライは非表示になりません。

このような場合、ユーザーは手動でアカウントをブロックするか、Twitterのミュート機能を利用することで対応する必要があります。

まとめ:【Twitter】外国人リプを非表示

今回の記事では、「Veriblock」を用いて、インプ稼ぎ外国人のリプライを非表示にする方法を紹介しました。

快適なTwitterライフを楽しみたい人はぜひ使ってみてください。

Twitter
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました