YouTube動画のQRコード化する方法を解説!

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

YouTube動画をシェアする際に、QRコードでシェアできたら便利ですよね。

実は、YouTube動画からQRコードを作成することができます。

さらに、YouTubeからQRコードを作成するのに慣れれば1分もかかりません。

そこで、今回の記事では、YouTube動画のQRコードの出し方とそのメリットについて解説します。

ぜひ、参考にして下さい!

スポンサーリンク

YouTube動画のQRコードの出し方は?

YouTube動画のQRコードの出し方は主に、2つの手順からなります。

  1. YouTube動画のURLを取得する
  2. URLからQRコードを作成する

YouTube動画のURLを取得する

今回は、androidスマホ版YouTubeを例に解説します。

1.QRコードにしたい動画ページに行く

2.「共有」をタップ

youtube_screenshot

3.「コピー」をタップ

youtube_menu

これで、URLがコピーされた状態になります。

URLからQRコードを作成する

URLからQRコードを作成する方法はいろいろありますが、「QRのススメ」を利用するのが手っ取り早いです。

1.URL欄に触れ続けます。すると、貼り付けボタンが出現するので、タップします。

qr_maker_screenshot

2.先程コピーしたURLが入力されるので、作成をタップします。

qr_maker_screenshot2

QRコードが出力されるので、忘れずにスクショorダウンロードしましょう!

スポンサーリンク

YouTubeをQRコード化するメリット3つ!

QRコードは印刷できる

QRコードは画像データのため、印刷することができます。

印刷すると、友人や同僚に手渡したり、ポスターやチラシに掲載したりして、簡単に共有できます。

QRコードはスマホのカメラで読み取ることができるため、受け取った人は簡単にQRコードをスキャンし、動画を視聴することも大きなメリットです。

お祝い動画に使いやすい

誕生日や結婚のお祝い動画をQRコードを使って共有できます。

具体的には、お祝い動画をQRコード化し、プレゼントと一緒に渡してみるのはいかかでしょうか?

また、QRコードはデザインの変更ができます。

QRコードの背景を豪華にしたり、カラフルにすることで、特別感あふれるプレゼントになるかもしれませんよ。

YouTubeをQRコード化する際の注意点は?

便利なQRコードですが、注意点が2つあります。

正しく読み取れるか確認する

印刷したQRコードは正しく読み取れるか必ず確認しましょう!

また、QRコードがかすれていたり、汚れていたりすると読み込みに失敗する可能性があります。

動画が削除されたら意味がなくなる

QRコードはあくまで、動画自体のデータを保持するのではなく、URLの情報を持っているだけです。

YouTube上の動画を誤って削除しないようにしましょう。

もし、削除してしまうと、QRコードを読み取っても動画は見られなくなります。

まとめ:YouTube動画のQRコードの出し方

YouTube動画のQRコードの出し方について紹介しました。

QRコードの作成は慣れれば1分もかかりません。

誰でも簡単にできるので、是非試して下さい。

YouTube
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました