YouTubeの低評価はバレる?通知の有無を解説

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

YouTubeには、高評価(グッドボタン)・低評価(バッドボタン)を押す機能があります。

私自身、低評価ボタンを押すことはないですが、バッドボタンを押したことがある人もいらっしゃると思います。

その際、投稿者に通知が行ってしまって、バレることはあるのでしょうか?

今回の記事は、以下のことを詳しく解説していきます。

  • 低評価(バッドボタン)を押すとバレる?
  • 低評価(バッドボタン)を押しすぎると、BANされる?
  • 間違えて低評価ボタンを押したときはどうする
スポンサーリンク

YouTubeの低評価を押すとバレる?

結論からいうと、低評価ボタンを押しても、投稿者や第三者にバレることはありません。

実際に確認するには、自分が投稿した動画に自分で低評価ボタンを押して見るといいです。

低評価ボタンが押された通知が投稿者に行くことはありません。

また、高評価ボタンを押したときも同様に、投稿者にバレることはありません。

投稿者は低評価の数のみ確認できる

現在、YouTubeは低評価の数は非表示になっていますが、chromeの拡張機能を導入すれば、低評価の数が閲覧可能になります。

【YouTube】低評価の見方は?なくなったけど実は見れます!
以前、YouTubeでは基本的に、高評価数と低評価数を公開していました。 しかし、最近では低評価数が非表示になりました。 非表示になった低評価数ですが、実はある方法を使えば簡単に見られます! 今回の記事では、YouTube動画についた低評価...

しかし、このツールを使っても、誰が低評価したかはわかりません。

また、現時点では、誰が低評価したかわかるツールは存在しません。

スポンサーリンク

YouTubeの低評価を押しすぎると、BANされる?

結論から言うと、YouTubeの低評価を押しすぎるとBANされる可能性があります。

YouTubeは低評価を悪意的に使う人や不正な方法で低評価を増やす人に対しては、アカウントの停止や削除などの措置を取ることがあります。

これは、YouTubeのコミュニティガイドラインや利用規約に違反する行為だからです。

したがって、YouTubeの低評価は動画の品質や視聴者の満足度に関するフィードバックとして使うべきであり、イタズラや悪ふざけで押すべきではありません。

【YouTube】間違えて低評価ボタンを押したときはどうすればいい?

低評価を押したことを取り消したい場合は、もう一度低評価ボタンをタップするだけでできます。

  1. 低評価を解除したい動画ページに行く
  2. 低評価ボタンをタップする

【YouTube】低評価ボタンはどんなときに使う?

YouTubeの低評価ボタンは、他のユーザーの動画に対して不満や不満を表すために使用されるボタンです。

以下は、いくつかの一般的な状況で低評価ボタンを使用する理由について説明します。

コンテンツの品質が低い場合

低評価ボタンは、動画の内容や制作品質が低いと感じる場合に使用されます。

これには、映像の不明瞭さ、音声の品質の問題、不適切なコンテンツ、誤情報の拡散などが含まれます。

著作権侵害の疑いがある場合

動画が著作権侵害の疑いがある場合、低評価ボタンを押すことがあります。

不正なコンテンツを報告する手段としても利用されます。

不適切なコンテンツやハラスメントの場合

YouTubeのコミュニティガイドラインに違反するコンテンツや、ユーザーに対するハラスメント、差別、攻撃的な表現が含まれる動画に対しても、低評価ボタンが使われます。

これは、コンテンツの安全性と品質を維持するために重要です。

詐欺やスパムの場合

詐欺的な情報やスパムが含まれる動画に対しても、低評価ボタンを押すことが一般的です。

他のユーザーを保護し、不正なコンテンツを報告する手段として活用されます。

まとめ

今回の記事では、YouTubeで低評価を押すとバレるのかについて解説しました。

投稿者に通知はいかないので、バレません。

しかし、バレないからといって、低評価をいろいろな動画に押していくのはやめておきましょう!

YouTube
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました