YouTubeとYouTubeMusicの違いは?詳しく解説!

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

YouTubeとYouTube Musicは、どちらもGoogleが提供するオンラインの音楽・動画ストリーミングサービスですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

YouTubeは、世界中の様々なジャンルの動画を無料で視聴することができる一方、YouTube Musicは音楽に特化したプレミアムなサービスとして、音楽を楽しむための機能が充実しています。

今回の記事では、YouTubeとYouTube Musicの違いについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

YouTubeとYouTube Musicの違い

YouTubeもYouTube Musicも両方ともGoogleが提供するアプリですが、異なる点がいくつかあります。

  • コンテンツの違い
  • 音楽に特化した機能
  • 有料プランの料金
  • プラットフォームの違い

コンテンツの違い

YouTubeは、ユーザーが自分でアップロードした動画や他のユーザーがアップロードした動画を視聴できるサービスです。

一方、YouTube Musicは、音楽に特化したコンテンツを提供しており、音楽の動画や音声を聴くことができます。

音楽に特化した機能

YouTube Musicには、音楽に特化した機能が多数あります。

例えば、オフラインでの再生が可能であり、バックグラウンド再生が可能など、音楽をより便利に楽しむことができる機能が提供されています。

有料プランの料金

ブラウザからの登録料金は以下の通りです。

  • YouTube Premium: 月額1,180円
  • YouTube Music Premium: 月額980円

また、iOS版アプリからPremiumに登録すると、料金が割高になるため注意が必要です。

なお、YouTube Premiumに登録すると、YouTube Music Premiumも同時に利用することができます。

プラットフォームの違い

YouTubeは、Webブラウザやスマートフォン、タブレット、テレビなどの幅広いプラットフォームで利用することができます。

一方、YouTube Musicは、主に音楽に特化したアプリとして、スマートフォンやタブレットでの利用が中心となっています。

スポンサーリンク

YouTube Musicで音楽を聴くメリットは?

YouTube Musicは、多くの利便性を持ちながら、豊富な機能を提供しています。

以下にそのメリットを4つご紹介します。

1. 幅広い楽曲のライブラリ

YouTube Musicは、世界中の様々なジャンルの音楽を幅広く取り揃えています。

ヒット曲や新曲、アルバム、プレイリストなどの豊富なライブラリを持ち、ユーザーはさまざまなアーティストの音楽を一カ所で手軽に聴くことができます。

2. オフライン再生が可能

YouTube Musicはオフライン再生機能を備えており、Wi-Fiやモバイルデータに接続していない場合でも、ダウンロードした楽曲を再生することができます。

外出先や通信環境の悪い場所でも、気に入った音楽を存分に楽しむことができます。

3. おすすめのカスタムプレイリスト

YouTube Musicは、ユーザーの聴取履歴や好みに基づいて、おすすめのカスタムプレイリストを提供しています。

ユーザーが好きなジャンルやアーティストを選ぶことで、自分だけのオリジナルプレイリストを作成することもできます。

4. YouTubeとの連携

YouTube Musicは、YouTubeと連携しており、YouTubeの検索履歴や視聴履歴をもとに、ユーザー専用の音楽プレイリストを作成することができます。

また、YouTubeの動画を音楽として聴くこともできますので、動画と音楽を一つのプラットフォームで楽しむことができます。

以上のように、YouTube Musicは幅広い楽曲のライブラリ、オフライン再生機能、おすすめのカスタムプレイリスト、YouTubeとの連携などのメリットを持ち、ユーザーに便利で充実した音楽体験を提供しています。

また、YouTubeの大規模なユーザーベースを活かして、新しい音楽を発見したり、自分の音楽ライブラリをカスタマイズしたりすることができるため、音楽をより楽しむことができます。

まとめ:YouTubeとYouTube Musicの違い

YouTubeで音楽を聞くときは、YouTube Musicを使うほうが良いです!

最近では、AIによってオススメ楽曲が選ばれることもあり、思わぬ楽曲との出会いがあるかもしれません。

YouTube
スポンサーリンク
かずプロをフォローする
スポンサーリンク
お役立ち情報事務局
タイトルとURLをコピーしました